トホホdeムフフ☆☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

いま。

なるようになるさ。 ロン☆


     ◇


暑い日がつづいていますね~

いかがお過ごしですか?


わたくしは夏休み返上で、ドタバタと仕事に追われています。


正念場。


いぜんの自分なら逃げ出しているような状況なんだけど・・・

愚痴はこぼしながらも、手だけは動かしてる。

その点は進歩したかな(^^ゞ

相変わらずお尻に火がついていますけど~(汗)。


浮き足立っても仕方ないし、「底」から這い上がってきた、

そう思うと不思議と落ち着きます。


     ◇


いましたいこと?

南の島にでも行って一日中ボーっとしていたい(笑)。

でも、やることやんないとね。


まぁ、いまは大変なんだけどハッキリしてることもあって。

今まで来た道のりよりも、もう残りの道のりの方が少ないってこと。

結果に泣いても笑ってもね。


だから、やれるだけやってみよう。


開き直り(笑)。


後悔だけはしないように^^


    ◇


マイペースで仕事のデキナイわたくしごとですから、

相変わらずたくさんの人に助けられてる。


世間的には夏休みだし、彼女、いろんなとこ連れて行ってあげたいんだけどねー(^^;)

ヤツの忍耐には頭が下がります。

いつ爆発するか、戦々恐々ではありますが(苦笑)。


    ◇


では。

次にお会いするときは、どんな報告ができますかねー??

スポンサーサイト

PageTop

花。

        他人を励ますことはできても
        自分を励ますことは難しい
        だから――というべきか
        しかし――というべきか
        自分がまだひらく花だと
        思える間はそう思うがいい
        すこしの気恥ずかしさにたえ
        少しの無理をしてでも
        淡い賑やかさのなかに
        自分を遊ばせておくがいい



        ◇


「自分がまだひらく花だと思える」のって何歳くらいまでなんでしょうね?  ロン☆


いくつになっても何かを始めるのに遅すぎることはないさ。

まぁ、理想としてはそうありたいけど。


いざ実行するのは難しいよねー。


「他人を励ますことはできても自分を励ますことは難しい」


う~ん、深いなぁ(^^ゞ(汗)。
        

        ◇


ちょっと前から・・・

リスニングを始めてみました。


空いた時間に他のことしながら、イイ加減に聞いてるかんじ。


効果なんかないよな~と思ってたんだけど。

しゃべるしかない状況に追い込まれたら、意外となんとかなった!?


お~、とっさに出てくるもんなんだ(@_@)


と言うことで継続する意欲UP(`・ω・´)

単純(笑)。


熱心に聞くときがあったり、またしばらく聞かなかったり、

そんな風に気まぐれに続けていければいいかな。


         ◇


「自分がまだひらく」・・・

そう思えることは、それだけでもハッピーなことなのかもしれないですね^^


やれるだけやってみようかな。


実際に「ひらく」かどうかは、とりあえず置いといて(^^ゞ(笑)。

PageTop

海。

僕のなかを明日の方へとぶ

白い美しい蝶がいるのだ
 

ロン☆


   ◇


休日なのに早起きをして出かける。


着いた先は魚市場。

せまい路地に磯のかおり。


めざすはスッシ~、スシ、すし。 大行列!


よく分からないネタもあるけど、

新鮮でうまいからヨシと(笑)。


   ◇


いまの時期は潮風が心地いいですね^^

海を見ながらワイン。

昼間っからワイン。


とくに意味はないんだけど(^^ゞ


一度やってみたかったんだ。

たまにはこんなささやかな贅沢も・・・ね。


   ◇


ディナーは港町の夜景を見ながら。

音もなく行き交う船もまたイルミネーションのひとつでしょ。


「海づくし」の一日。

思いのほか喜んでもらえたみたいで、恐悦至極に存じます^^

まぁ、オトコなんてみな「ホスト」みたいなもんだから(笑)。


   ◇


さてと、休み明け。


マラソンでいえば30キロすぎ。

もうゴールを意識し始めてる。


ここからがキツかったりもするんだろうけど・・・

前へ、前へと引っ張られてる。


最後まで走りきれるかな?


いゃ、走りきりたい^^

PageTop

育つ。

私も あるとき
誰かのための虻だったろう

あなたも あるとき
私のための風だったかもしれない


ロン☆


     ◇


かわいいんですよね^^

後輩達が・・・

しかも野郎の方が!!(笑)


「ロンさん、できましたーっ!」

と報告にやってくるわけ。

一緒に喜んだり褒めたりすると、なんだか恥ずかしそうにしてる。

成長した姿をみるとうれしいですね^^


少しづつ人のめんどうをみる機会が増えてきたんだけど、

こんな気持ちになるとは思いもしなかった。


     ◇


今までとは違った視点で見えてくることがある。


あぁ、若いときはみんな同じなんだなって。


何かをつかもうと必死になってる。

じつは自信がないんですよね、誰だって。

経験が少ないから、頭ばかりで考えようとするし。

すぐ目の前のことしか見えていなかったり。


自分がたどってきた道でもあるんだけど(笑)。


     ◇


この春、一人が栄転。


願わくば、彼にいい出会いがあればいいなと思う。

いい出会いってのは異性に限らないよね?

むしろ同性の、年配の人との出会いの方が大切なような気がしてる。


人に育てられ・・・いつか人を育てる。


もう大人だから、あれこれと言うことはできない。

オレにできることは限られているしね。

これからは遠くから気にかけていることくらいしか出来ないけれど、

何かあったらいつでも戻っておいで^^


     ◇


つーか、

何よりもオレ自身が彼らに育てられてきた。

前よりは背筋がシャンとしてきた気がするしね^^


春の陽気にぼんやり桜を見上げながら、そんなこと思う今日この頃。


PageTop

世界。

この広い世界の下、きみと二人で。  ロン☆


    ◇


じつは地球の裏側にいたんですよ~☆

人種のるつぼ。

人、もの、建物・・・なにもかもがデッカイんだよなぁ。


食事はお皿に山盛りだし!

コーヒーのSサイズってどう見てもXLなんだけどー!!

歩行者用のボタンがごっつー!?


なんてね。

はじめは大雑把でいいかげんに思えたんだけど、

慣れてくれば、かえってそのアバウトさが心地よいというか。

おおらかで自由な国なんだね。


    ◇


ずっと憧れていた場所にやっと来ることができた^^

彼らとは、もう以前ほどの差はなく、後姿が見えてきている。

追い抜くことも夢じゃないだろう。


でも、同じ方向を向いていたんではダメなんだな。

今の自分に足りないものも分かってきた。


いつかこの場所でやってみたい。

長らくイジけていた自分に、そんな気持ちが芽生えてきたこと、

うれしかった。


もちろん通用する自信なんてからっきしないんだけど~

ダメならダメで、それもまたいいじゃん、みたいな(笑)。


まぁ、いきなり「空飛べる」わけじゃないし、一歩一歩、

いまできることからやりますか。


    ◇


しばらくぶりで日本に戻ると・・・

ちまちま、せかせか。

見慣れたはずの景色が違って見えた。


もちろん日本は好きですよ^^

こんな平和な国ってないだろうしねー

お互いにいいところも悪いところもあるだろうし。


ただ、たまには同じ価値観から抜け出してみるの、大切なんだね。

知らないうちに、小さくまとまっていた自分に気づく。

自分で限界をつくる必要なんてないのに。


    ◇


世界はもっと広く自由なんだ。

いろんなモノ見てみたい。


マイルためられるかな~^^?

PageTop

新春。

あなたや あなたのまわりのすべてが

しあわせでありますよう♪  ロン☆


    ◇


初詣に行きました。

すごい人出~!

あっちの願い、こっちの願い、神様も大忙しだ(笑)。


お守りを5つ買う。

「こんなの効くのかな?」

そう想いながらも誰かの幸せを願い、

少しでも役に立つかもしれないなら・・・と買ってゆく人たち。


そのささやかなる願いの列に、自分も加わる。


新春の冴えた青空。

お線香の匂い。

気持ちが引き締まりますねー

やっぱジャパニ~ズ☆


いまこの瞬間、どんだけの願いが飛び交ってんだろーね?

今年は何をお願いしましたか^^?


    ◇


さてと。

相変わらずダメダメな自分で、誘惑に負けてることも多いんですが(汗)、

それでも弱さに「完全に」負けることはなく、うまく付き合っていくのがポイントなんだと思う。


もう「努力賞」はいらないんだ。

努力なんてして当たり前のなかで、その先で競っていかないと。


今年は、とにかく「結果」を出すことにこだわりたい。

どんなにカッコ悪くてもいいから泥臭く、まずは「一勝」を目指そう!


ここ一番、腹に力をこめてどこまで踏ん張れますかねー!?


    ◇


「なんとかなるよー(*^_^*)」


大きなプレッシャーと隣り合わせの日々のなかで、

この子のおおらかさにはホント助けられてるなぁ・・・


今年は今まで以上に気ままな更新になると思いますが、どうぞよろしくお願いいたしますm(__)m

今ごろお正月ネタだし(笑)。

PageTop

クリスマス。

ただこうして繰り返されてきたことが~♪

そうこうして繰り返していくことが~♪

嬉しい 愛しい♪
  ロン☆
  

    ◇


街はイルミネーションに彩られ、すっかりクリスマス一色ですね^^

仕事帰りに立ち寄ったショッピングモールで小さなコンサートをやっていました。

忙しさをつかの間わすれて立ち聴き。


不思議とあたたかな気持ちになるなぁ。

なんと言うことはないんですが、この時期の街のにぎわい、好きなんですよね^^

子供のころのワクワクした気持ちを思い出すからかな!?


    ◇


ボーナス入ったし、オカンにおすそ分け。

大した額じゃないのに「ありがとう、いいのに(^^ゞ」と遠慮がちに受け取っていた。

ずい分と苦労をかけてきた気がするから、これくらいなんてことないのにさ。

やっぱどこまでいっても親は親なんだなーと思う。


「ロンにはいいもの着ててほしいから」と彼女からプレゼント。

自分じゃ服なんてめったに買わないし、ファッションセンス、まるでないっすからねー(汗)。

ボロを着てたの、ずい分と気にしてたみたい。

その気持ちがうれしかった。


彼女へのプレゼントも無事に買えました。

一緒に選んだんだけど、何を買うにも慎重な子だから、

「どんだけ時間かかるんだろー!?」とひそかに心配。

でも予想よりはすんなりでよかった(^^;)

ひと仕事完了!(笑)。

「ありがとぅ」の「ぅ」が小さな女の子みたいだったね。


    ◇


いま。

状況は決して明るいわけじゃないんだけど、決めたんだ。

もう絶対に言い訳はしないって。

「逃げれば逃げただけ苦しくなるだけ」だって経験から学んだから(^^ゞ


どんなことがあっても現実をみつめて、一歩でも半歩でも前に進みたい。

「底から這い上がってきた」、その想いが俺を支えてくれている。


さいきん自分の身の回りで「変化」が増えているんですよねー

いろんなことが「動き」出してる。

なにか節目みたいなものかもしれないなーと思う。


    ◇


コンサートが終わり、隣にいた同年代の男性が足早に帰る。

その後姿が・・・

彼が大事そうに持つケーキの箱の存在が、気になる年頃ですね。


「もう誰かを傷つけるのは卒業でいいかな」

俺から女達の話をひととおり聞いたあと、

そう言ってやさしく笑った友の顔がふと浮かんだ。


えっと、一足はやいんですが・・・

読者さんにハッピークリスマス☆☆

PageTop

声援。

その声を力にかえて、ひたすらに今は。 ロン☆


     ◇


ご無沙汰しております。

本来なら最後の挨拶みたいなの、ちゃんと書こうと思っていたんですが・・・

猛烈に忙しい日々でブログに向かうゆとりすらなくてですね(^^ゞ(汗)

でも、どうしても伝えたいことだけ残しておきたいなって。


・・・


このブログを始めたときは真っ暗闇の中にいました。

一歩先も見えないくらいの。


なのに不思議だなぁ・・・

今ここまで来ることができた。 


何かを説明する言葉はもう必要なく、

その事実が全てなのかもしれない。 うん。


いったい何がキッカケでよい方に転がってきたんですかね?

ぶっちゃけ、自分でもよく分からない(笑)。

どちらに転ぶことだってあり得たと思うし、始めは小さなことだったと思うんですね。


     ◇


でも一つだけ分かることがあります。

それは、数え切れないくらい多くの人のおかげで今の自分があるってこと。


俺が「落ちていかないように」必死になって支えてくれた家族の存在。

上司に、先輩に、後輩に、同僚に、友達。 出会った女性たち。


そして彼女。

お金持ちなわけでも、ましてイケメンなわけでもない・・・

こんなウダツの上がらない男をいつも後ろから支えてくれて、本当にありがとう。

子供あつかいで頭あがらないけどなー!?(笑)


    ◇


意固地になって自滅していった頃とは今はまるで違う。

大変なときこそ、「閉じずに」周りの人達の力を上手くかりて乗り越えてゆく。


この数年間の経験で自分の「底」を知り、

足らなかったタフさを身に付けられたような気がする。

世間知らずだった「男の子」も、少しは「男」になれたってことなのかな?


何よりも「自分」という一番の味方を得たのかもしれませんね。


もちろん日々、いいことばかりじゃないですよ(笑)。

でも、これから「思いがけず悪いこと」もあるだろうけど、

きっとそれと同じくらい、いゃそれ以上に「思いがけず良いこと」も

あるんだろうなって思う。


      ◇


自らの命を削ることになったとしても、それでも俺を輝かせようとしてくれる人がいる。

俺もいつの日か大切な誰かを輝かせられる、そんな人になれたらいいなって。


さぁ、この先、どこまでやれますかね?

悔いだけは残さないように精一杯やろうと思う。

本当に大切なのは、このブログを卒業した後に続いてゆくストーリーなのでしょう。


どんなことにも「トホホ」な面と「ムフフ」な面があり、

どちらを見るかは自分次第なのかもね^^

なんちって(・_*)\ペチ(笑)


しがないブログでしたがここまで読んでくださり、本当にありがとうございましたm(__)m

またお会いする日まで、お元気で^^ 


ロン~☆

PageTop

市場。

ふと迷うこともまた楽しからん。 ロン☆


    ◇


活気ある市場のにぎわいって好きなんですよ。

人と人との肩が触れ合うようにしてすれ違う。

そんな戦後の闇市の名残のような。


庶民的な雰囲気なのに、ほど良くしゃれた店があったりする。

こういう場所って、ありそうでなかなかないんですよねー。


迷路のような道を進む。

裸電球のついた八百屋さんの横。

細い階段を上ると・・・スペイン風のバル。

3組も入れば満席くらいの、ちいさな隠れ家。


窓の外には行きかう人の流れ。

下にいたときとは、また違う景色なんですね。

この街の魅力は3次元なのかもな?と思う。


    ◇


キャンドルゆらゆら。

スパークリングワインしゅわしゅわっ。

イベリ'子'豚じゃなくて・・・イベリコ豚だと知る(笑)。


秋の夜はまだまだ長い^^




PageTop

花街。

風の通り道。 

キラリ、かくれた宝物、いくつあるだろう。  ロン☆


     ◇


Mいとデート^^

昔の「花街」へ出かけてみました。

表通りの喧騒を抜けて一本中の道に入ると・・・


まるで別世界。

ゆるやかに続く石畳の坂道。


へ~、都会にもこんな場所が??

まだひっそりと残ってるんですね~☆


細い道をみつけると思わず通りたくなるんですよ^^

この先に何があるのか気にならない??(笑)


     ◇


お!

なかなかよさげなお店が多いじゃん。


路地裏にかくれたフレンチでゆるり。

外人さんも多いし気分だけはパリだなー^^


テラス席は日差しが心地よくて・・・


 「お~い、まぶた閉じてきてるよーヾ(ーー )」

 「えー、だって、お昼寝したくならない??(*^_^*)」


同意!( ̄ .  ̄)ノ" 

食後はこのまま寝てしまいて~(笑)。


「和」なのに「洋」がしっくりとおさまる。

不思議な場所ですね。

いいとこ見つけてしまいました(^^)v


     ◇


あれれ、今回はエッチしてねーや(^^ゞ 

まぁ、こーゆうのもいっかぁ^^


花街だけにつぎは夜来たいけど、やっぱ高いのかなー!?

・・・

まだまだ自分の知らないもの、いっぱいあるっすね~☆


PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。